ネットショップBASEでかんたん広告を行う方法は”HTML編集App”を使う | ZERO円広告ドットコム

ネットショップBASEでかんたん広告を行う方法は”HTML編集App”を使う

BASEでかんたん広告 はじめての方へ

BASEで交換広告が可能なことを確認いたしました。以下の方法は一例ですが、参考に設定してみてください。

BASEで交換広告が可能

BASEで交換広告の設定の仕方

メニューにある「Apps」をクリック。

作業はPC版から行ってください。

BASEのApps

HTML編集(新ショップデザイン対応版)のAppsを追加します。

HTML編集(新ショップデザイン対応版)のAppsを追加

HTML編集をクリック

左側に利用中のAppsにHTML編集が追加されていることを確認してください。

利用中のAppsにHTML編集が追加

テーマを新規作成する

テーマを新規作成するをクリックして編集画面に入る。

テーマを新規作成するをクリックして編集画面に入る。

このテーマを元に編集をクリック

このテーマを元に編集をクリック

<head>タグの下にscriptタグを挿入します。

<head>タグの下にscriptタグを挿入します。
拡大図

scriptタグは以下(サイト一覧)のコピーで入手します。そして上記部分にコピーしてください。

scriptタグは以下(サイト一覧)

全画面広告が表示される

以下の画面は、全画面広告です。状況によっては表示されません。

全画面広告

続いてバナー広告を貼り付けます。

今回はわかりやすく、一番下の部分にバナーが表示されるように、最終行にscriptコードを追加しました。希望するか所に希望するサイズのバナーを貼り付けてください。

最終行にscriptコードを追加

scriptコードはこちら(広告サイズ一覧)から入手します。今回は横長のバナーを選びました。ご希望に合わせてバナーのサイズを選んでください。

scriptタグは以下(サイト一覧)

BASEのプレビューをチェック

以下の通り、728×90pxのサイズのバナーが表示されました。これで交換広告は設置完了です。

その他のサイズのバナーを貼りたい場合は、広告サイズを変更してみてください。複数バナーを設置すると獲得PVポイントも多くなります。つまり、より多くのバナー表示を行うことになります。

交換広告は設置完了

プレビューモードでエラーが出ることが確認されています。実際のURLでは正しく広告が表示されています。プレビューではなく実際のURLで表示を確認してください。

本番環境へ移行する。

メニューのデザインをクリックします。

次に、選択中のテーマを選ぶ

先ほど作成した、カスタムテーマをクリック

広告が表示されているかを確認

右上のこのテーマを選ぶをクリックして確定します。

保存するをクリック

保存するをクリックで完了です。お疲れさまでした!

今回実験で使ったBASEサイトはこちら

テスト広告をダミーで運用した結果PV数が大幅に上昇しました。

実際は、状況によって変わります。あくまでも参考のグラフになります。長年放置していたBASEはアクセスゼロの日が多いですね。こういったサイトが、大きく変貌する姿が見てみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました